【マリッジブルー】で婚約破棄。あとは入籍だけだったのに

スポンサーリンク

私は今の夫と結婚する前の結婚式の準備中、少しだけこの人と結婚してもいいのかと迷ったことがあります。なぜなら、結婚式の準備に対する夫の態度に頭が来てしまったからです。

当時の夫は式の準備がとてもめんどくさそうで、何でも私任せな感じだったんです。そんな夫に私はもう、うんざりしました。私たちの結婚式なんだから、あなたももっと考えなさいよと。

一般的にマリッジブルーの原因は、結婚式の準備ストレス・環境の大きな変化による不安・姑や義実家との関係性・本当にこの人でいいのかという自分の判断への迷い がキッカケになるといわれています。

そこで今回は、実際にマリッジブルーが原因で結婚が破談になった経験を持つ方に体験談を伺いましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

入籍前に婚約破談

Q.結婚をやめようと思った時期はいつですか?

きっかけは、ふとした瞬間にやってきました。それは簡潔にいうと、私の心境の変化です。

Q.結婚をやめようと思った理由を教えてください。

当時の私の年齢は21歳で、相手の方は1歳年上でした。「結婚はまだ、時期をみてからでいいんじゃないか?」とまわりから言われそうな年齢ですよね。実際、そう言われていました。身内は反対はしませんでしたが「本当に結婚するの?」と何度も言われたし、周りからも「本当にいいの?」って心配の声があがりました。

私は当然、相手の方とは結婚をしたいと思えるくらいに好きで大切な人だったので、相手とは結婚するという事しか頭になかったです。相手の方とは結婚式の内容や結婚してからの自分たちの生活・約束事・子供が出来たらの事などをよく話し合い、結婚の準備は着々と進んでいきました。あとは籍を正式にい入れるだけ。

だけどある時、ふとした時に急に、心境に変化が現れたんです。『本当に私はこの道を選んで後悔しないだろうか』と。どんなに周りから言われても聞く耳をもたなかった私でしたが、あるとき急に、そんな事を思い始めました。これをきっかけに、それからは急激に結婚へのモチベーションが下がってしまい、鬱症状が出る程までに落ち込み、悩みました。

Q.その後どうなりましたか?

相手の方とは沢山話し合って、とりあえず入籍するのは先延ばしという事になりましたが、結局は現在、その方は私のとなりにはいません…。まわりからは、それはそれはビックリされました。だってあんなに言っても聞く耳持たずに結婚するすると言ってた人が突如結婚しないなんて言い出して病気にまでなるんですから。でも、まわりからは心配され、「ここまでなるのなら、絶対にタイミングは今じゃないんだよ」と言ってくれる人もいました。心配されることはあっても、批判される事はなかったです。

そして結局今は、違う人とお付き合いをしています。もしあの時の私が、あの勢いの様なもので結婚に進んでいたら今ごろどうなっていたのか気になりますが、この選択をしたことには後悔していません。この選択は間違っていなかったんじゃないかなって思っています。次こそは、今お付き合いしてる相手と結婚したいです。

スポンサーリンク

結婚を破談したい理由はマリッジブルー?

結婚を目前に、なんか急に結婚に対して不安になってしまったら「マリッジブルーなのかもしれないと」考えてみるのがいいかもしれません。慎重に決断するためにも、まずは冷静になることが大切です。

そこで、マリッジブルー解消法を5つ にまとめてみました。

①まずは相手を好きな気持ちを思い出してみましょう。

なぜあなたは今の相手と結婚しようと思ったのですか?相手の良いところも悪いところも思い出してみてください。

②相手と二人でしっかり話し合ってみましょう。

不安に思っている事などを、素直に相手に打ち明けてみることは勇気のいることかもしれませんが、気になることをいつまでも曖昧にしておくと、いつかその不安が一気に爆発してしまうかもしれません。だから、子どもは作るのか、何人くらいか、どのように教育したいかなど、具体的な二人の将来像についても改めて話すことも必要だと思います。

③信頼できる家族や既婚の友人等に相談してみましょう。

同じような経験をしている人がいるかもしれませんし、話すことで冷静になれると思います。既婚者と話せば、具体的なアドバイスがもらえる可能性もあります。

もし悩んでいる事が結婚式に関する悩みならば、場合によってはブライダルプランナーに素直に相談してみましょう。

④結婚の準備をゆっくりと進めてみましょう。

結婚が決まると指輪選びに式場選び、親への挨拶や式の準備など忙しくなります。時間に余裕をもって進めることで、結婚準備疲れを防ぐことができます。

⑤時間が解決するのを待ってみましょう。

①から④までしても、それでもなんとなく心が晴れないなら時間にまかせてみるのも一つの手です。私自身、結婚の準備で夫に対してマリッジブルーになりかけましたけど、あまり深く考えないようにしていたら、時間が解決してくれていましたから。

【関連記事】

先日、結婚に関する記事を書いていたら、なんか急に会社の元同僚のことを思い出しました。女性なんですが、その彼女は一緒に働いている時に結...

さいごに

結婚する時よりも離婚する時の方が、何倍も何十倍もエネルギーが必要になるといわれています。だから、相手と話し合ったり誰かに相談しても、それでも結婚に対して不安があるならば、結婚を先延ばしにしたり、場合によっては白紙に戻すことも大切なことだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク