ホンマでっか!?TV 子育てに役立つ心理学「褒め方」と「先進国の教育」①

スポンサーリンク

2018年11月14日(水) 放送のホンマでっか!?TVの中で「今の世の中ココがおかしいぞSP」というコーナーがあたのですが、そこで子供の「褒め方」「先進国の教育」について評論家の先生がお話しされていたんですね。

評論家の方は、褒めることがむやみにカンタンにされ過ぎていると、褒め方の間違いについて言及されていました。

評論家の方たちも言っていましたが、褒めるって簡単なようで難しいです。

今回はそんな話の中から特に、子育てにすごく役立ちそうだなと感じた「褒め方」と「先進国の教育」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ホンマでっか!?の心理と教育

まずはホンマでっか!?流の「褒め方」についてまとめてみたのですが、褒めるって、本当に難しいなぁと感じました。

ホンマでっか!?流 子供を伸ばす方法

認知科学評論家の中野先生曰く、「むやみに褒める教育は間違っている」だそうです。

多くの大人は子どもに対して、「100点取れた!」「表彰された」などの「結果」やその子が持っている「足が速い」「計算が早い」などの「能力」に対して褒めますよね。

これって一見、何も問題ないように思えるのですが、褒め方は難しいとしたうえで中野先生はこの様に言っていました。

「結果や能力を褒められた子どもは伸びない子になる」と。

どういうことかというと、結果や能力を褒めてしまうと、子どもは次も褒められるために自分のできることしかやらなくなるんだそうです。

つまり、今の結果や能力に満足して、簡単な課題を選んでしまうということです。

このことは、実験的にも確かめられているそうですよ。

褒め方のポイントは、「本当に出来た時だけ褒める」ということですが、分かるような分からないような。。。。

褒め方については、次の心理学の植木先生のお話がヒントになりそうです。

スポンサーリンク

ホンマでっか!?流 の褒める方法

「褒める」ことに関連して、心理の植木先生がこんなお話をされていました。

植木先生曰く、「自発的に頑張っていることに対して褒めることは報酬ではなく罰」だそうです。

心理のからくりがイマイチ理解できなかったのですが、子ども本人が自発的に関心を持って行動している時に褒めることはNGとのこと。

自分が頑張ろうと思ってやっている勉強や遊びやゲームなどをやっている最中に子供を褒めると、その褒め言葉は罰になるんだそうです。

楽しそうにやっていると思ったら、褒めることは控えましょうとのこと。

では、子どもを褒めるタイミングってどんな時なんでしょうか?

子供を褒めるうえで大切なのは、子ども本人がやりたくない事を我慢してやった時に褒める事で、我慢して取り組めた子供の「心」に対して「やったね」「えらかったね」と褒める(承認を与える)といいんだそうです。

たぶん、中野先生が言っていた「本当に出来た時だけ褒める」とは、この事なんじゃないかと思います。

黙って見守るのも一つの教育

黙って見守ったことに対しては、子どもは一生自発的に続けるらしいです。むやみに褒める教育は、褒められなくなるとやめるとのこと。

子どもがやりたい事を見つけてやり始めたら、親は黙って見守る事が大事で、子どもが自発的にやっている最中は何も言わず、できたことに対して「感想」を伝えるのがいいらしいです。

例えば、絵が上手に描けるようになった子どもに対しては、絵を描いている時に褒めるのではなく、できた結果に対して「上達したね」とか、あなたのことは「見てるよ」という事が伝わるような声掛けが良いようです。

これって、ペアレントトレーニングの「出来ていることに注目する」という方法に通ずるなぁと思いました。

【ペアレントトレーニングとは?】

あなたはペアレントトレーニングという言葉を聞いたことがありますか?私は先日、「ペアレントトレーニング」という子育て講座に参加しました...

ペアレントトレーニングでは「出来ていることに注目」して、それを子どもに伝えてあげること子どもを認めてあげること褒める事 だとしています。

例えば、宿題ができた子どもに対しては「宿題できたね」とか、宿題に取り組もうとしない子どもに対しては「鉛筆持てたね」と、「出来ていることを」子どもに伝えてあげるんです。

私には、中野先生と植木先生のいう「感想」はOKとの表現がイマイチぴんと理解できませんでしたが、先生たちの言う「感想」とはたぶん、このことを言ってるんじゃないかと思います。

また、「やるべきことを出来ていない時は怒っていのか?」との質問に、植木先生はこう答えていました。

頑張れないときには怒るのではなく、頑張れない「気持ち」に対して「共感」してあといいそうです。「今はできないんだね」と、できない気持ちに「共感」してあげる声掛けをすると良いとのこと。

うちの子はなかなか宿題が出来ない子なので、「今はできないんだねと共感してあげる声掛け」って、なんかいいアイデアをもらったなって感じです。

ちなみに、叩くのは論外だそうですよ。

【つづき】

2018年11月14日(水) 放送のホンマでっか!?TVでは、「今の世の中ココがおかしいぞSP」というコーナーで「褒め方」と「先進国...

さいごに

ホンマでっか!?流 の褒める方法 いかがでしたか?

なかなか、子育てに役立つ話だと思いませんでしたか?

なんか書いていたら長くなってきてしまったので、「先進国の教育」については、また次回にまとめますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク