婚約を破棄した理由。婚約破棄はあの出会いがすでに導いていた!?

スポンサーリンク

婚約を破棄したことのある人って、あなたの周りにはいますか?

私の知人の中には、あとは入籍して結婚式を迎えるだけだったのに婚約を破棄した人がいます。

その知人には長くお付き合いしていたいた人がいたので、結婚はその人とするものだと思っていたのですが、なぜかお相手は新しい人。

「なぜ?」と思ったんですけど、やっぱりその知人はその人との婚約は破棄し、結局長くお付き合いしていた彼と結婚しました。

きっと、本当に好きな人は長くお付き合いをしていた彼なんだと気づいたからだと思います。

パターンは違いますが、次にご紹介する30代の女性も、婚約を破棄した理由が知人と同じです

こちらの女性が婚約を破棄した理由は、ある出会いがきっかけだったんですが、いったい何があったのでしょうか?

詳しく聞いてみました。

スポンサーリンク

婚約を破棄した理由は同僚の存在

Q.結婚をやめようと思った時期はいつごろでしたか?

結婚をやめようと思った時期は、婚約者のご両親との初めて顔合わせと挨拶をした後です。

Q.婚約を破棄した理由について詳しく教えて下さい。

結婚をやめようと思った理由は、当時、結婚をしようと思っていた彼よりも、本当に好きな人の存在に気が付いてしまったからです。

その人は誰かと言うと、職場が一緒だった同僚の男性で、その同僚は私に好意を持ってくれていました。

私自身もその同僚の事が好きだったのですが自分の本当の気持ちに気づくのが遅すぎました。

自分の気持ちに気づいた時にはもう、婚約者とは結婚へ向けての話や、貯金、入籍後にどこに住むかなどの話まで進んでいましたし、私の両親も公認でした。

また、婚約者の両親が神奈川から高知へ引っ越す事となり、その前に私に挨拶をしたいとの事で、彼氏の両親との顔合わせ日時も決まっておりました。

そんな状況でしたから、私の同僚への好意は「一時的な気の迷いで今だけの感情だ。」と、自分に言い聞かせていたのですが、心の整理がつかないままとうとう、婚約者の両親との顔合わせの日を迎えてしまいました。

初対面である婚約者のご両親の印象はとても良く、私はこの優しそうなご両親となら上手くやっていけると感じましたが、正直心は複雑でした。

ご両親からは「息子を宜しくね!」と言って頂き、私も「こちらこそ」と言ったものの、心の中では「本当にこのままで後悔はないのか」という感情が生まれていました。

なぜ心に迷いが生じたのかというと、実は、職場の同僚とは出逢ったその日から直感で、運命的なものを感じていたからです。「私、この人と結婚する気がする」と。

婚約者とは8年付き合ったので、「同僚への気持ちは一時的な気の迷いに違いない」と心の整理を続けていたのですが、どうやっても今の彼と結婚する決心がつきませんでした。

やがて私は「結婚をやめたい」と、本気で悩むようになりました。

そして、悩みに悩んだ末、私は決断しました。

ご両親への挨拶まで済ませた婚約者には本当に申し訳ないとは思ったのですが、私は婚約者に勇気を出してこう伝えました。

「結婚は出来ない。別れて欲しい。」と。

スポンサーリンク

婚約破棄したけどその後幸せです

Q.結婚をやめたらどうなりましたか?

その後、彼と別れるのに2ヶ月は掛かりました。

中々別れてもらえなかったので、私は彼に正直な気持ちを打ち明けました。

「もうあなたへの気持ちがない。」と。

彼には酷い事を言ってしまったと今でも思いますが、彼はその言葉を聞いてやっと、別れることを承諾してくれました。

そしてその後、私たちは互いの両親に別れた事を伝え、2人の関係に終止符を打ちました。

彼とはその後会っていないので、彼がご両親に何て言われたのかは分かりませんが、私の両親は「長過ぎた春だね。あなたの好きにしたら良いよ。」と、私に言ってくれました。

Q. その後どうなりましたか?

その後しばらくして、私は職場の同僚とお付き合いを初めました。

新しい彼との日々はあっという間に過ぎ、出逢って5年、お付き合いして1年。

直感通り、私はその同僚と結婚しました。

Q.現在、後悔はしていませんか?

今の主人を選んで、1ミリの後悔もありません。

もう結婚してから数年経ちますが、今の主人とはケンカもせず、幸せに暮らしています。

それに、人伝いに聞いた話ですが、婚約を破棄した元彼も幸せに暮らしているようなので、それも私が幸せに暮らせている一因です。

元彼は保育士の可愛らしい女性と結婚して、今は一児のパパとして奮闘しているそうです。幸せそうで良かったなと思っています。

さいごに

今回の体験談はいかがでしたか?

婚約を破棄しする際には、彼がなかなか別れてくれずに大変な思いをされていますが、今はお互いに幸せに暮らせているということで、結果的には婚約を破棄したことは間違っていなかったのかもしれませんね!

ちなみに、冒頭でお話した知人夫婦は、現在も二人で幸せに暮らしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク