フリーマーケットinあんなか2018へ行ってみた!感想と口コミ

スポンサーリンク

群馬県にある安中市では、2018年10月21日 (日)に「フリーマーケットinあんなか」が開催されました。

このフリーマーケットは北関東最大と言われているフリーマーケットということもあり、私はずっと前から気にはなっていたものの、なかなか参加できずにいました。

でも今回はやっと、夫と息子と3人で参加することができたのです!

そこで今回は、フリーマーケットinあんなか2018の感想をお届けします。

スポンサーリンク

フリーマーケットinあんなか2018の様子

この 「フリーマーケットinあんなか」 なんですが、実は、とある事情によりしばらくの間お休みしていました。

しかし、10年間のお休みを経た2016年秋、フリーマーケットinあんなかは復活を遂げました。

私は初めてこのイベントに訪れたのですが、会場にはたっくさんのテントが張られていてちょっと驚きました。

広場の端から端まで何かしらがあって、会場はたくさんのお客さんで賑わっていましたよ。

ざっと見た感じ、全体的には衣料品を販売している人が多いように感じました。

お子さんがいるお店だと、衣料品の他にはおもちゃなんかも販売していましたよ!

そして、色々と見てみて気になったのが、手作り品を販売していたお店です。

手作りのアクセサリーやバッグなどをはじめ、中には手作りの家具を販売していた人もいたんですね。

ちょっとした木製のイスやテーブルだったんですけど、こういったものを売る人もいることに少し驚きました!

あと気になったのが、飲食店も賑わっていたことです。

焼きそば・みそまんじゅう・からあげなど、まるで夏祭りのようなお店がたくさんありましたよ。

あと、ど忘れしてしまいましたが、ラーメンやピザ屋さんなんかもあった気がします。

また、食事はもちろんなんですが、食事以外にも子どもが大喜びするようなお菓子系もありました。

かき氷・チョコバナナ・落書きせんべい・ジュースなどです。

少なめですが、テーブルやイスもあって、ゆっくり食事を楽しむことも可能でした。

うちの息子は、大好物の落書きせんべいを楽しみました!

会場の全体図は、こんな感じでした。

本部に向かって左側がステージ、真ん中がメイン会場、右奥が軽トラック市ともったいない市でした。右側には駐車場があります。

トイレはスポーツセンターの建物内にありますが、この図によると、軽トラック市付近にもあったようですね。

ジュースは飲食ブースで買えますが、スポーツセンター内には自動販売機もありました。

スポンサーリンク

フリーマーケットinあんなかの駐車場

私たちは12時頃にここを訪れたのですが、意外にも、駐車場は空いていました。

駐車できなかったらあきらめようとの覚悟で来てみたんですが、余裕で空いていました。

でも、いいものを早くゲットしたいという人は、たぶん、トップバッターを狙うくらいの気持ちで会場に早く来ると思うので、開場時間のころはおそらく大混雑していると思います。

だから、残り物には福があるというような心の持ち主なら、お昼ごろに来るのがおすすめですよ。お昼は会場で済ますこともできるので!

【安中市のお土産といえばコレ!!「遠足ポテト」】

2019年2月22日(金)に公開される映画「サムライマラソン」。 この映画にゆかりのある群馬県安中市には、「冨士屋」と...

公園で遊ぶこともできる

もし小さなお子さんがいる場合は、スポーツセンターに向かって左方向にへ歩いていくと、小さな公園があります。

遊具は少ないですが、芝生広場・滑り台・うんてい・ふわふわドーム・揺れる乗り物があるので、お子さんがお買い物に疲れてしまったら、ここでリフレッシュさせてあげるといいかもしれません。

【関連記事】

最近は涼しい日も多く、秋らしくなってきましたね。暑すぎず寒すぎず食欲も増し、とてもお出かけしやすい季節になってきました! 安中...

まとめ

「フリーマーケットinあんなか」は、とってもお店の多いフリーマーケットでした。

飲食ブースも充実していたので、お昼をまたいで楽しむこともできるところが良かったです!!

まるで、秋祭りを楽しんでいるかのような気持ちになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク