『プレイカラードットの使い方』イラスト作成や手帳での使い方のポイント

スポンサーリンク

カラーペンて、年々進化してますよね!あなたは最新のこんなカラーペンをご存知ですか?

2018年9月5日放送の『めざましテレビ』で文房具特集があり、そこで紹介された「プレイカラードット」がとても便利でかわいい商品だと思ったので、今回はプレイカラードットの使い方のポイントを調べてみました。

イラスト作成や手帳での使い方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

プレイカラードットの使い方

プレイカラードットは、丸スタンプ芯と超極細芯が描けるツインマーカーです。

特徴は5mm大の点と、太・細・超極細の線を使い分けることで、様々なマーキングができることはもちろん、多彩なイラストを描くことができる点です。

プレイカラードットでイラスト作成

イラストを作るには、丸スタンプ芯をポンポン押すだけでもかわいいドット柄が描けますし、ポンとドットを押して線をつけ足せば、ドットのお花を描くこともできます。

そのドットですが、きれいにドットを押すにはちょっとしたコツがいります。

1.ますはペンを垂直に持ち、その状態でスタンプを押しましょう。

2.押したらすぐにペンを横に倒し、スッと持ち上げます。

慣れるまでは綺麗にドットを押すのは難しいかもしれません。

うまくできない人はひたすら練習しましょう!!

スポンサーリンク

プレイカラードット 手帳での使い方

プレイカラードットを手帳で押す時には注意点があります。それは裏移り。

紙質により裏写りやにじみがあるので、手帳の問題ないページで試してから使うようにしましょう。

にじむのは分かっているけど、どうしても手帳で使いたいという場合は、丸スタンプ芯を素早く押してみてください。これで裏移りは最小限になると思います。

まとめ

2018年9月5日放送の『めざましテレビ』で紹介された文房具「プレイカラードット」。

この「プレイカラードット」は、イラストが苦手でも、絵心がなくても、丸スタンプ芯をポンポン押すだけでもかわいいドット柄が描け、ドットに線をつけ足せばドットのお花などを簡単に描くことができます。

ただ、手帳で使う場合には裏移りに注意。メモスペースなどで、試し押ししてから使いましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク