ディ 打ち方のまとめ!知っておきたいディの打ち方3選

スポンサーリンク

「ディパーチャー」

「ディスプレイ」

「ディープ」

などなど

パソコン入力の経験が浅いと、

「でぃ(ディ)」の打ち方でつまずくことがありますよね。

そこで今回は、「でぃ(ディ)」の打ち方に困っている方へ

3つの「ディ」の打ち方ををご紹介します。

スポンサーリンク

ディ 打ち方の基本はコレ!

<D、H、I >

日本語入力の状態で、下記のボタンを押します。

「D」+「H」+「I」

これで、「でぃ」と入力できます。

カタカナにするなら「スペースキー」を押して

「ディ」を探してください。

「ディ」を見つけたら

「エンターキー」を打ちます。

または、パソコンによっては「ファンクションキー」

カンタンに変換できますので、試してみてくださいね。

・「F7」キーで全角カタカナ

・「F8」キーで半角カタカナ

ディの打ち方 その②

< D、E、X、I >

次は「X」を使います。

日本語入力の状態で

「D」+「E」+「X」+「I」

と入力してください。

これで、「でぃ」と打てるので、

カタカナにするなら「スペースキー」などで

変換しましょう。

ディの打ち方 その③

<D、E、L、I>

最後は「L」を使う方法です。

日本語入力の状態で

「D」+「E」+「L」+「I」

と打ってください。

これで「でぃ」と入力できましたね!

スポンサーリンク

小さいローマ字の打ち方

ここからは補足です。

<その①の補足>

「でぃ(ディ)」

「 でゃ、 でぃ、 でゅ、 でぇ、 でょ 」

の中のひとつですね。

デャ ディ デュ デェ デョ
DHA DHI DHU DHE DHO

これを覚えていれば、

「ディスプレイ」

「デュアル」

「デャ~」

などが、すぐに打てるようになりますね。

<その②と③の補足>

「DHA」「DHI」「DHU」「DHE」「DHO」

が覚えられない人は、

「L」か「X」だけは覚えておきましょう!!

小さい文字は、「L」か「X」で出せます。

例えば、

小さい「あ い う え お」は

「X」+「母音」

「L」+「母音」

のどちらかで打つことができます。

XA XI XU XE XO

LA LI LU LE LO

また、小さい「や ゆ よ」なら

「X」+「子音」

「L」+「子音」

で打てます。

XYA XYU XYO

LYA LYU LYO

では、小さい「つ」なら?

もうお分かりですね!

LTU XTU

です。

パソコンの文字入力については、

別の記事でもご紹介していますのでご覧ください!

普段は使わないんだけど、

「わぁ゛ぁぁっ~」

みたいな表現を使いたい時に必要な

「濁点」や「小さい文字」の入力について説明しています!

「あいうえお」には、基本的には濁点はつきませんよね。 でも、感情表現のひとつとして、「あいうえお」など、普通ならば濁点...

パソコンで文字を入力するとき、 あなたはこんな事で困ったことはありませんか? 「ぎょぎょっ!」「びくっ!...

まとめ

今回は、「ディ」のパソコンでの打ち方を3つご紹介しましたが、

もう覚えられましたか?

おさらいすると

「ディ」の打ち方には3つありましたね。

1つ目は「D、H、I」

2つ目は「 D、E、X、I 」

3つ目は「D、E、L、I」

この3つです。

どれを使っても「でぃ(ディ)」は出てくるので、

自分が使いやすいものを覚えておけばいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク