道の駅みなかみ水紀行館ではボルダリングや水族館などが楽しめる!!

スポンサーリンク

近ごろちょっと話題のボルダリング。

そのボルダリングが水上の道の駅 みなかみ水紀行館で体験できることを知り、今年は家族で水上に行ってみました。

スポンサーリンク

水上の道の駅でボルダリング

お盆休みに訪れたのですが、10時前に現地に到着。駐車場はすでにいっぱいでした。

もう申し込みできないかなと不安でしたが、カウンターへ行くと周りには人が少なく、特に行列はできていませんでした。

申し込み方法をスタッフへたずねると、予約はできないので並んでくださいとのことで、30分程並び、無事に参加できました。しかも1番です!

ボルダリングの料金

大人 700円 /  小人 500円

※身長110cm以上で参加可能。

※体格が細くてハーネスが装着できない場合は参加できない場合があります。

スポンサーリンク

体験時間

午前 10:00~12:30 / 受付終了12:00

午後 13:30~15:30 / 受付終了15:00

定休日

7月~10月 無休

11月~6月 第2・第4火曜日

※インストラクターが不在の場合はできないので、事前のお問合せがおススメです。

※事前の予約はできません。

道の駅みなかみ水紀行館でボルダリング体験

ハーネス装着と靴の履き替え

ボルダリングするためにはハーネスを装着し、専用の靴に履き替えます。これらは全て貸してもらえます。

参加者には小学生くらいの女の子もいたのですが、今流行りのワイドパンツを履いていたので、ハーネスが装着しずらそうでした。

ボルダリング目的でこちらを訪れる場合は、服装に気を付けた方がいいですよ。

ボルダリングに挑戦

私たちの場合は、8人1組での体験となりました。

ウォールは平らなタイプ傾斜があるタイプと2種類で、体験は平らなタイプから一人ずつ挑戦します。

下から登り頂点に到達したら終わりとなります。

ハーネスにロープを付け、早速息子から挑戦です。

上り方が分からなくて止まってしまうと、インストラクターさんがアドバイスをしてくれます。

息子はまだ小さく、全体的に筋力が弱いので、ウォールの半分くらいでリタイアとなりました。

かなり頑張ったんですが、手が痛くてもうダメとの事でした。

次は主人です。

主人には何も期待していなかったのですが、なんと意外にも、お手本のようにスルスルと頂点に到達してしまいました。

そしてそんな主人に、インストラクターさんもちょこっと驚いていました。

大人だからできるわけではない

ウチの主人はあっという間に登れましたが、参加者の多くが苦戦していました。リタイアする大人もいました。

そんな中、他の方たちの登る様子を見てて思ったのですが、筋肉がしっかりしているスポーツマンぽい若い男子が意外と登れていませんでした。

その一方、ものすごく細い小学生くらいの女の子の方が登ることができていました。

もしかすると、筋肉が全体的にバランスよくついている人の方が登れるのかもしれません。一部の筋肉がつき過ぎている人だと、その筋肉が上るときに邪魔になってしまうのかもしれないです。

道の駅みなかみ水紀行館には水族館もある

水紀行館には川の魚のミニ水族館足湯もあり、季節によってはマス釣りマスのつかみ取りなどが楽しめます。

ボルダリングは1時間程度でしたので、余った時間はこのようなイベントに挑戦するのもいいかもしれません。

訪れる前には、どんなイベントがあるのかを確認してから行くといいですよ!

夏休みなら、マスのつかみ取りや川遊びも可能です!!

【関連記事】

群馬県最北の道の駅 水紀行館 へ行ってきました。 ここでは、淡水魚の水族館、ボルダリング、足湯をはじめ、春にはマス釣り、夏には...

アクセス

問い合わせ

TEL 0278-72-1425

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク