二人目は諦めた!二人目はいらない!と私が決断した理由とは?

スポンサーリンク

現在私には、一人っ子の小学生男子がいます。

一人っ子育児って楽そうに思われているような気がするのですが、結構大変で悩みもあります。

特に小学校入学前までは「兄弟をつくるのか」それとも「一人っ子のままで育てていくのか」についてとても悩みました。

おそらくこの問題は、一人っ子の親であれば、ほとんどの方が悩まれる問題だと思います。

今回は、私が一人っ子を決断するまでの流れをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

うちは一人っ子 二人目を作らない理由

出産恐怖

私は結婚した当初、子どもは二人欲しいと思っていました。しかし、長男を産んだあとその考えは見事に崩れます。

なぜなら、難産だったから…。

妊娠中は特に困ったことはなかったのですが、とにかく出産が大変でした。出産予定日の約1週間前、私は自宅で破水してしまい入院しました。

それから約8時間後にやっと生まれそうになったのですが、なかなか生まれません。だから、痛い陣痛が何度もやってきます。

やがて私は食欲がなくなり、水分をとるのがやっとの状態になりました。時々目の前が白くなる中、私は点滴を打ちながら、ひたすら陣痛と闘っていました。

そして、そんな闘いをさらに続けること12時間、息子は産声をあげ誕生しました。

私は出産後体調が悪くなったこともあり、出産するだけでも大変なのに、体調も悪くなってしまうんじゃとても子育てなんてできないと、2人目を作ろうなんてとても思えなくなってしまったのです。

スポンサーリンク

ワンオペ育児と介護の心配

私の実家は車で1時間半程度の場所にあるので簡単には帰れませんし、両親には持病があります。

だから場合によっては、手を貸してもらうのではなく、手を貸しにいかなくてはならない状態でした。

また、近くには夫の両親がいましたが、かなり高齢なのであまりあてにできませんでした。

夫の両親は基本的には元気でしたが、体力に自信があるタイプではないので、年齢的にはいつ何が起きてもおかしくはなく、場合によっては介護問題が発生する恐れがありました。

一方、夫はというと、夫は交代勤務があるのであてにならず、体力気力ともに自信のない私は共働きになった時のことも考え、二人目はあきらめました。

一人っ子を決断したのに迷った理由

息子が幼稚園時代の私は、二人目はつくらないことを周りの人間にも伝えられるくらい「一人っ子」を決断できていました。

しかし、「やっぱり二人目欲しいかも」と、その決断が大きくゆらぎ、二人目について本気で悩んだことがあります。

そのきっかけとはこの2つです。

遊び相手をすることが辛い

私の兄には娘が一人いますが、年齢も住んでいるところも大幅に離れています。

近くに住む夫の兄には子どもがいませんし、気軽に遊ばせられられそうな親せきの存在もありません。

近所に仲のいいお友達がいましたが、そんな頻繁に遊べるわけではありませんでした。

だから小学校に入る前の遊び相手は常に私か夫。

夫は子どもと遊んでくれるタイプではないので、ほとんど私が相手をしていました。

息子は、私が料理や掃除などの家事をしてても「遊んで~!」とか「みてみて~!」とか常に干渉してくるので、息が詰まる日々が続いていましたし、小学生になった今でもまだあります。

兄弟が欲しいと言われる

たまに幼稚園の友達と遊んだりすることはありましたが、そんな程度じゃ息子は物足りません。

活発なタイプの息子には祖父母も物足りないらしく、結局遊びは私とばかり。

だから、息子だって息がつまってしまいます。

年少さんくらいまではなんとか二人でも楽しめていたのですが、年中さんくらいからは兄弟というものの存在を理解し始め、息子は私に、「自分にはなぜ兄弟がいないのか」を質問をするようになってきました。

「結婚しても子どもがいない家もあれば、一人しかいない家もある。」とざっくりとした説明で最初は納得していたのですが、一緒にあそべる兄弟が欲しいという気持ちが年々強くなり、年長児にはそのピークを迎えました。

「ちゃんと面倒をみるから」と何度も何度も兄弟が欲しいとお願いされたときは、本当に胸が痛みました。

だから私はもう一度真剣に二人目を考えました。

実は夫も、本当はう一人欲しいと思っていることを知っていたので、何度も何度も考えました。

そして私は真剣に考えた末、私の体力や年齢・我が家の経済力・育児と介護の両立の心配を考えると、「二人目はやはり無理」という決断に至りました。

【関連記事】

「結婚して、子供は2人ほどできるかなと漠然と考えていた若い頃。」 「そんな私にまさか、一人っ子育児をする日がやって来る...

一人っ子でいいと決断

一人っ子でいいと決断したあとの私は、遊び相手で疲れたり、「兄弟が欲しい」と懇願されても、二人目をどうするかで悩まなくなっていきました。

また、「二人目は作らないのか?」という周りからの意見にもビシッと答えられるようにもなりました。

そして今は、世の中一人っ子でも幸せな子はたくさんいると自分に言い聞かせ、子供には興味のあることは経験させ、行きたいところには連れて行ってあげるよう心がけています。

なぜなら、下に妹や弟がいたらできないであろう経験をすることで、息子の人生が豊かになってくれればいいかなと思っているからです。

【関連記事】

一人っ子を決断した理由とは?我が家の場合【体験談】

兄弟にもデメリットはある

兄弟がいると、子どもの時は楽しいことの方が多いと思いますが、育てられ方やなんらかの兄弟トラブルがあった場合には自己肯定感が低下し、生きずらさを抱えてしまうリスクがあります。

また将来、親の介護問題が浮上したした際には、誰が面倒を見るのかなどでもめて縁が切れる場合もあります。

だから子育てには、「兄弟が絶対条件ではない」と、私は思っています。

さいごに

私自身には兄が二人いるのですが、基本的に兄弟のメリットは感じていませんでした。

子どもの頃は楽しいこともありましたが、大人になってからは疎遠だし、親の老後の問題は私だけが大きく負担しているような状態。

だから、兄弟のメリットなんて感じられていません。

二人目を迷っている方は「なんとかなる」なんていう世間の意見は聞かずに、よく将来の事を考えて決断されることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク