「2人目はいらない」と、私に一人っ子を決断させた家族の一言とは?

スポンサーリンク

「結婚して、子供は2人ほどできるかなと漠然と考えていた若い頃。」

「そんな私にまさか、一人っ子育児をする日がやって来るとは思いもしませんでした。」

と話すのは、一人っ子育児中のママです。

今はもう2人目はいらないと、気持ちの整理がついていますが、彼女には「なんとか兄弟を作ってあげたい」という強い思いがあったので、旦那さんとの話し合いは何度も続き「二人目はいらない」との決断に至るまでには多くの時間を費やしたそうです。

今回は、そんな彼女がどうして「二人目はいらない」と決断できたかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

二人目はどうするの?

私が二人目の事で日々悩んでしまった原因の一つは、周りからの重圧でした。

私のまわりのママさんや親戚などは、当たり前のように兄弟や姉妹を育てていたので、ウチの娘が2歳くらいになった頃からは「2人目はどうするの?早く産んだ方が楽だよ!」「兄弟つくってあげないとさみしいよ」「将来娘がひとりだったら不安じゃないの?」など、本当に色々な声掛けをされるようになりました。

そんな声掛けを独身の友達からもされた時には、「子供は2人以上つくるのが当たり前の世の中なんだなあ」と悲しく、思い悩んだ時がありました。

そして、そんな二人目の悩みは、幼稚園に入園してからも続きました。その原因は娘の発言です。

幼稚園では兄弟姉妹がいる子が多かったのと、通っているうちに妊娠出産するママが多かったので、娘がまわりのお友達を少しうらやましく思うようになったんですね。「やはり兄弟は必要なのかな」と、この時が一番、二人目について悩んだ時でした。

二人目はいらないと決断させてくれた娘

小学生になった娘はある日、こんな言葉を私に言いました。

「私には兄弟はいらない。」

「兄弟がいない方が、パパとママの愛情を、た~くさん一人りじめ出来るから」と。

私はその言葉に「はっと」させられました。

私は娘の言葉で、自分がまわりに合わせようとしていた事に気づき、大切なことは「私たち家族がどうしたいかなんだ」と思い始めました。

そしてその一件後、私は娘に対して出来る限りの兄弟の役目と両親としての役目を果たしていく中で、気が付いた時にはそれが、ごく自然で当たり前のような楽しい日々となり、二人目をどうするかについての悩みは消えていました。

スポンサーリンク

一人っ子でいい

「二人目はいらない」と決断できるまでの日々は葛藤の連続で、本当に苦しかったです。忙しい時はいいのですが、時間ができた時はいつも何かの拍子に「一人っ子にするか、兄弟をつくるか」思い出し、悩んでいました。

私が一人っ子を決断できたのは娘の一言もありますが、主人の一言も大きく関係していると思っています。主人はどうしても兄弟をつくりたいという意見ではなかったので、「一人っ子でも兄弟をつくるにしても、選ぶなら、私や娘が幸せに暮らせる方を選んで欲しい」との言葉は、私の気持ちを軽くする一因になり、良かったのかもしれません。

決断できたら

一人っ子育児を決断した途端、私は気持ちがとても軽くなり、本当に楽になりました。3人家族が居心地よくなり、愛情をたくさんに受けた娘は人の気持ちをよく理解できる優しい子へと成長しました。大人と接している時間が長い事も関係しているのか、娘は相手の気持ちを察するのが上手です。

ただ兄弟喧嘩がない分、人と争うことはとても苦手ですが、人の気持ちに寄り添える子になったことは一人っ子だったからこそだと思っています。

今でもほんの少しは「兄弟がいた方が良かったかな」と思うこともありますが、決断してからでは気持ちが全然違います。今の私にとっての一番の悩みは、「娘がどうしたら幸せになれるか」ということです。

【関連記事】

管理人の私は一人っ子を育てていますが、一人っ子の子育てをしていると、「一人っ子なんてかわいそう」と言われることがよくあります。 ...

さいごに

今回のお話はいかがでしたか?二人目をどうするかについて悩むのは、やっぱり「あるある」だなあと感じたのと、決断するまでには本当に時間がかかる事だなあと、改めて思いました。

一人っ子が増えていると言われている最近でも、やはり一人っ子育児はまだまだ珍しく思われたりします。一人っ子はかわいそうに思われたりすることが多いですが、兄弟がたくさんいるから幸せに感じるとは限りませんし、一人っ子だからといって「さみしい」とか、「幸せではない」と決めつけることはできません。

ウチもそうですが、自分の家族が納得して決めたことなら一人っ子育児も本当に楽しいですし、幸せですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク