彫刻刀はいつまで使うの?よしはる彫刻刀GXを買ってみた!【口コミ・レビュー】

スポンサーリンク

 

先日、子どもが彫刻刀の申込書を学校からもらってきました。

 

ふと見てみると意外とシンプルな彫刻刀ばかりだったので

 

「安いものを買えばいいかな」なんて思っていたのですが、

 

 

いざチラシをよく見てみると「何を基準に選べばいいの?」と、

 

困ってしまいました。

 

 

何に困ったかといえば、例えば、

 

・付鋼製と全鋼製はどっちがいいのだろうか?

・木製とゴム製の持ち手の違いは何?

・ガードはあった方がいいのか?

 

などなど…

 

 

彫刻刀は中学生くらいまで使うようなんですよね。

 

そうなると、一体どれをえらべばいいものやら…。

 

 

今回は、そんな我が家が悩んだ末に買った、

 

付鋼製のよしはる彫刻刀GXについての感想をご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

よしはる彫刻刀GXは付鋼製

 

刃先には種類がありますが、よしはる彫刻刀GXは付鋼製です。

 

よしはる彫刻刀GXに似ているものにマルイチ彫刻刀SXがありますが、

 

 

・よしはる彫刻刀GXは → 付鋼製

 

・マルイチ彫刻刀SXは → 全鋼製

 

 

刃の種類が異なっています。

 

 

付鋼製は全鋼製よりもやや高価ですが、

 

2枚の金属でできているので、丈夫で長持ちするといわれています。

 

 

ケース全体の大きさは 約17.5×9.5cmで

 

重さは 約190g。

 

重すぎず、軽すぎずといった感じです。

 

持ち手はゴム製

 

彫刻刀の柄の部分は「ABS樹脂+エラストマー樹脂」の二重構造できていて

 

滑りにくい設計になっています。

 

実際ににぎってみると、柄にはくびれがあってにぎりやすく、

 

しっとりとした感触があります。

 

確かに滑りにくそうです。

 

柄には刃のマークが付いている

 

柄の部分には、カラフルなラインと各刃のイラストが印刷されていて、

 

一目で刃の種類を確認することができます。

 

ケースはプラスチック製

 

ケースは硬いプラスチック製です。

 

収納性が高く、中の彫刻刀はバラバラとする感じはありません。

 

重すぎることもないです。

 

 

凄いなと思ったのは、スタンド機能!

 

 

側面にある凸部分をスライドさせると彫刻刀が持ち上がり、

 

 

彫刻刀が取りやすくなるんです!!

 

すごく便利!

 

 

ケースはしっかりとした作りですが、

 

落としてしまった時にはフタが開いてしまうかもしれません。

 

 

また、フタの真ん中はくり抜かれているデザインなので、

 

ホコリなどが入りやすい点が気になります。

 

 

念のため、100均などでの外袋を準備して持ち歩くように

 

した方がいいかもしれません。

 

滑り止めシートと取説が付いている

 

この彫刻刀には白い滑り止めシートが付いているのですが、

 

これは版画版のズレを防ぐために使うものです。

 

大きさは 約14×7.5cm。

 

あと、彫刻刀についての簡単な取扱説明書もついていて、

 

 

・彫刻刀の使い方

・ケースの使い方

・アフターケアの仕方

 

が分かりやすく説明されています。

 

 

刃のアフターケアには、ミシン油を使うんだそうですよ!

 

あと、お名前シールも付いています。

 

彫刻刀はどれがいいのだろう??

 

彫刻刀には色々とあるので、迷ってしまいますよね。

 

迷うなら「高価なものを選ぶ」といのも一つの手ですが、

 

正しいお手入れができないのであれば意味がありません。

 

 

だから、選ぶときにはお手入れのしやすさも考慮すると

 

いいかもしれませんね。

 

 

ガードについては「邪魔になる」という意見を目にするので、

 

我が家ではガードなしを選びました。

 

 

また、購入先は学校ではなく、アマゾンで購入しました。

 

学校よりも、300円ほど安く購入できましたよ!

 

▼詳しくはこちらをご覧ください。

↓↓↓

 


義春刃物 よしはる彫刻刀・GX 付鋼製5本組

 

彫刻刀の刃には3種類あり

 

彫刻刀の種類には全鋼製・付鋼製・ステンレスの3種類があり、

 

その主な特徴はこんな感じです。

 

 

①全鋼製は切れ味が良く安いけど、耐久性に欠ける。

 

②付鋼製は切れ味が良く耐久性があるが、全鋼よりやや高価。

 

③ステンレス製はサビに強く耐久性に優れるが、切れ味がやや劣る。

また、価格は高め。

 

 

うちの場合は学校のパンフレットにステンレス製がなかったので、

 

悩んだ末に決めたのは、すべりにくいタイプの付鋼製彫刻刀でした。

 

まとめ

 

我が家では、買う直前まで「パワーグリップ彫刻刀」と非常に迷いました。

 

 

でも、パワーグリップにはケースが開けにくいとか、切れにくい

 

という通販レビューがあったので選択肢からはずし、

 

 

最終的には、学校でのシェアNo.1といわれる

 

「よしはる製彫刻刀」にしました。

 

 

使用頻度は少ないですが、たぶん中学校でも使うので、

 

それまでには長持ちしてくれるといいなと思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました