子供の偏食 献立に悩むママさんへのおすすめレシピ【3選】

スポンサーリンク

子どもが偏食だと、献立って悩みますよね。

うちの息子は少食で好き嫌いも多く、

食事の支度はいつも大変です。

なるべく本人の要望を聞いて作るのですが、

好みの味でないとほとんど食べません。

また、成長に伴って、

前は食べてくれたのに今は食べてくれなくなったものもあり

未だに食事の献立は悩みの種です。

そんな息子ではありますが、

作ればだいたい食べてくれるものがあります。

それは…

今回は、そんな偏食息子でも食べてくれるレシピを3つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

野菜嫌いな偏食のある子供さんへ

まずは、栄養満点なおかずとして『野菜のつけ物』をご紹介します。

<偏食な子どもに栄養抜群なおかず『山芋のつけ物』>

山芋は栄養価が高く、カリウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンB1・ビタミンB6・葉酸・パントテン酸・ビオチン・ビタミンC・食物繊維などが含まれています。

作ったきっかけは、山芋なら少食でもたくさんの栄養が取れると思ったからです。

さっぱりと食べられて保存も効くつけ物なら簡単で作りやすいので、ウチではよく作っています。

息子はこれが大好物で、出すとあっという間に食べてしまいます。

~レシピ~

<材料>

・山芋     半分~1本

・お酢     適量

・めんつゆ   適量

※浅めの保存容器かビニール袋を用意する

<作り方>

①山芋を1センチ幅の半月切りにして、保存容器に入れます。

※早く作りたい場合は薄目に切って作ってください。

②お酢とめんつゆを2:1くらいの割合で入れ、2~3日冷蔵庫で保存します。

※目安は、山芋の頭が少しでるくらい。日がたつと水分が出てきて、保存容器の水分量が増えます。

③1日たったら味見をしてみて、めんつゆが少なそうだったら足しておきます。

④お好みの味になったら、出来上がりです。

【関連記事】

子どもの偏食の対応で疲れる前に知っておくべき対策・改善方法とは?

偏食で肉嫌いなお子さんへ

<偏食な子どものおかずはシンプルに『手羽先の塩焼き』>

知人の家でバーベキューをした時に、知人が手羽先を塩焼きしてくれたんですね。

息子はいつも大して肉なんて食べないんですが、なんと、この手羽先は気に入ったようでモリモリ食べてくれたんです。

それ以来、うちではIHのグリルでこれを作り、度々食べています。

これも息子の大好物の一つです。

~レシピ~

<材料>

・手羽先   1パック~お好みで

・塩     適量

※鶏肉は中手羽でもOK

※塩は岩塩や天然塩がおすすめです。

<作り方>

①手羽先の皮面に塩を振ります。

②皮面を上にして、IHグリルの鶏肉モードで焼きます。15~20分くらい。

※IHが無い方は、トレーにアルミホイル等を敷いて、オーブントースターでも焼けます。

※生焼けが心配な方は、焼き色が付いたあともオーブン内で放置しておくといいです。

偏食ならハンバーグで野菜とお肉を

<甘みのある『レンコンのハンバーグ』>

ハンバーグって子どもは大好きなイメージがあるんですが、うちの子は食べてくれませんでした。

でもある日、レンコンの使い道に困った時に「ハンバーグにしてしまえ!」と作って出してみたら、なんと、「おいしい、おいしい」と言って息子が食べてくれたんです。

レンコンの甘みとうまみが好みなのかもしれません。

~レシピ~

<材料>

・豚ひき肉  300グラムくらい

・レンコン  半分~1個

・卵     1個

・玉ねぎ   4分の1~半分

・パン粉   大さじ1程度

・牛乳    小さじ1強程度

・塩     少々

<作り方>

①玉ねぎをみじん切りにしたら耐熱皿に入れ、ラップをしてレンジで2~3分程温めます。

玉ねぎが柔らかくなっていたらOK。粗熱を取るために放置しておきます。

②パン粉と牛乳を混ぜておきます。

③レンコンをおろし金ですりおろしておきます。

④豚ひき肉をボールに入れ、肉が粘ってくるまでよく混ぜます。

粘りが出たら全ての材料をボールに入れ、よく混ぜます。

⑤空気を抜きながらお好みの形に成形し、弱火~中火くらいで片面を焼きます。

裏面は蓋をして焼きます。

⑥中まで火が通れば完成です。

※このままでも美味しいですが、お好みでソースなどをかけてください。

偏食のある子どものごはんて、本当に悩みますよね。

栄養バランスの事を考え、うちではサプリメントを子どもに食べさせています。

少食/偏食/に子どもの総合栄養サプリメントmog

砂糖や油だらけのお菓子を食べさせるくらいなら、

お菓子の様なサプリを食べてもらった方が、

子どものためにもなりますからね。

さいごに

試行錯誤の結果、うちの息子はシンプルが好きなんだなと気が付きました。

サラダはごちゃまぜタイプよりは野菜スティック、野菜炒めは品目の多いものよりも、ニラともやしくらいの炒め物、冷やし中華やラーメンなどの麺類は、具入りよりは具なしがベターなど。

だから、良かれと思って、見た目を鮮やかにするために何かをトッピングすると食べてくれないことがあるので、トッピングは別皿に盛って出すようにしています。

息子が小さい時は無理に食べさせたこともあるのですが、今はもうやめました。

なぜなら、息子の味覚やこだわりが変われば、多少はもっと食べてくれるようになるだろうと考え方を変えたからです。

食事の時間くらいケンカせず、楽しく食べたいですしね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク