ADHDの子どもの対応や接し方の工夫とは? 我が家の8つの方法

スポンサーリンク

うちの息子にできないことが多い理由は「単に息子の努力不足ではない」という事が分かってからの私は、今までは怒って「ああしろ」「こうしろ」と、息子に対して口で言っていただけの自分を改め、「どうやったら息子が苦手を克服できるのか」「どの様に支援をしてあげたらいいのか」という事について、よく考えるようになりました。

今回は、そんな私が息子に対して、どんな事をどんな風に工夫しているかといった方法の一部をご紹介したいと思います。これらのアイデアは、障害のないお子さんにもお役に立つと思いますよ!

スポンサーリンク

ADHD的な不注意系の工夫とは?

ADHDの主な特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」によく現れるのですが、うちの息子にあるそれぞれの対策はこんな感じです。

その1.忘れ物が多い事に対しての対策

<登校時の工夫>

翌日の準備は必ず私がチェックし、準備忘れがないかを確認します。

登校時には、上履きや水筒が目の前にあったとしても忘れてしまうことがあるので、通販でランドセルの左右にに装着できる 「サンドセル」というバッグを購入し、小物はそこに入れて持たせています。

<下校時対策>

うちの息子は、毎日一つくらいは何かを忘れてきます。

だから私は、持ち帰るべきものの一覧表をイラストと文字で書き、ランドセルのカバーに貼りました。完璧に忘れないとまではいきませんが、これによって忘れ物は減ったので、効果はあったのかなと思います。

ウチではランドセルを大きく活躍させて、基本的には手ぶらで登下校できるようにしています。

今思うと、ランドセルは軽くて大型のものを選んでおいてよかったなと思いました。

スポンサーリンク

その2.興味が移りやすい事に対しての対策

<勉強編>

うちの息子は目に入ったものや頭に浮かんだものに心を奪われやすいので、勉強する時はおもちゃなどが目に入らないように片付け、なるべく私も勉強につきあうようにしています。

その3.過集中対策

<過集中対策>

うちの息子は自分が興味のあることに対して集中しすぎてしまいことがあります。一旦やめて違うことをさせることが難しいんですね。

だからこれに対しては、うちはドリテックの「デジタルダイヤルタイマー」を使っています。このタイマーは一般的な数字のタイマーではなく、一目で残りの時間が視覚的に分かるタイプのデジタルタイマーです。

「タイムタイマー」という障害児向けのタイマーもありますが、こちらは割高なので、うちはデジタル式のものを使っています。

最初はタイマーを使う事をなかなか受け入れてもらえませんでしたが、今は自らタイマーを使ったりします。

使い方としては、例えばあと30分後に夕飯をたべさせたいのであれば、タイマー30分にセットして息子に目で確認させて、遊んでいいのは30分だけとあらかじめ伝えておきます。そしてタイマーが鳴ると作業はやめて、夕飯を食べてくれます。

作業のキリが悪いときは「あともう少しだけやりたい」となってしまうので、こういう場合は息子と交渉して、「じゃあ、あと10分だけね」と約束してやらせると、だいたい上手くいきます。

<取りかかりが遅い対策>

うちの息子は興味がないことに対しての取り掛かりが遅く、集中しづらい面があります。

だから宿題をさせるときは、何時になったら宿題をするのかを「時間割ボード」で息子自身に決めさせて、寝るまでの時間の見通しをつけます。

しかし、宿題に取り組めたとしても今度は集中が続かないので、私もなるべく宿題に付き合うようにしています。ポイントは「休憩をはさむ」ことで、漢字なら1行書いたら5分休み、また1行書いたら5分休むなど、休憩をはさませながらやらせています。

宿題の量に関しては、うちの息子は他の子どもと同じ量の宿題はとてもできないので、担任の先生と相談し、できる範囲内で取り組ませています。

スポンサーリンク

ADHD的な多動系の工夫とは?

ウチは一軒家なのですが仕方なく、一部屋を息子のために運動部屋にしました。トランポリン・鉄棒・バランスボールを置いてあります。

昔は部屋中を動き回られると、見ているこちらも落ち着かなくてイライラし、怒ってしまうことが多々ありましたが、この部屋を作ってからは、私も息子もかなり落ち着きました。

「騒ぐな!」「動くな!」と、動きたい衝動を止められることは息子にとってとても辛いことなので、部屋でバタバタしはじめたら「うるさい」と怒るのではなく、「トランポリンでもしてくれば」「鉄棒でもすれば」と声をかけることで、息子も怒られることが減り、息子の自己肯定感を下げてしまうことを一つ防ぐことができています。

また、食事中に食べ歩いてしまうという困り感に関しては、座って食べることの大切さをよく説明し、「歩きながら食べるな!!」ではなく「座って食べるんだよ」というような、具体的にやってほしいことを声に出して伝えるようにしました。

これは肯定的な声掛けというもので、この方法は色々な場面で使うようにしています。

ADHD的な衝動系の工夫とは

その1.衝動性が高い事に対する対策

うちの息子は、思いついた事をすぐに実行したくなってしまうので、今やるべきことと違うことをやろうとしてしまうときは、「ダメでしょ(怒り)!」ではなく「今は何の時間だっけ?」という声掛けをするようにしています。

うちの息子は怒られすぎると、余計にやるべきことに手がつかなくなってしまうので、私はなるべく前向きな声掛けを心がけています。

その2.順番待ち対策

息子は病院等での順番待ちがとても苦手なので、待ち時間がかなりかかるような場所へ行く際には可能な限り、混雑しやすい時間をさけて訪問しています。

また、レジャー施設では、なるべく待つことを必要としない場所を選んだり、ゲーム機やスマホなどを利用して乗り越えています。

さいごに

色々と書いてみましたが、これらは障害がないお子さんにも有効だと思いますので、育てにくいお子さんの育児で困っている方も、よかったら参考にしてみてください。

発達障害の勉強をしていく中で知ったのですが、人間には耳からの情報処理が得意なタイプと、目からの情報処理が得意なタイプといるそうです。

うちの息子は後者の、目からのタイプであると分かったので、なるべく何かを説明したりするときには、絵や文字を使って伝える努力をするようにしました。

子どもに対しての声のかけ方を前向きに工夫するだけでも、子どもにはプラスになると思いますよ。「ダメッ(怒)」って怒られるよりも「こうするんだよ^^」「こうするといいよ!」って声をかけられる方が、大人だってうれしいですもんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク