バターのカットは「バターナイフ」で切る方法が便利!その理由とは?

スポンサーリンク

私はめんどくさがりな人間です。だから、バターはあらかじめカットされているものを買っていました。

でも、カット済みのバターって割高なんで、カットされていないバターをたまに買って、スプーンですくっては使うという事をしていました。

でも、スプーンだと上手くすくえなくて、これもまためんどくさい。

ならいっそのこと、「バターカッターを買えばいいじゃないか!」

ということで、少しでもバター代を節約しようと、バターカッターを購入したのですが…。

今回は、バターカッターを購入したのにバターナイフを愛用することになった私のお話です。

スポンサーリンク

バターのカット方法に悩む

うちは、バターを使う頻度は少ないんですね。

だから、カット済みのバターを買えばいいのかもしれませんが、それだと場合によってはワンカットの量が多すぎるんです。

そのうえ、量を調節しようと、ワンカット分をさらに半分にしようと思うと切りずらい…。

そんな時はお皿の上にワンカット分置いてからスプーンで半分にカットし、残りはラップに包んで冷蔵庫で保存していたんですが、これもまためんどう。

そこで私は、「貝印のケース付きバターカッター」を買ってみました。

大きなバターを買い、自分でカットして保存しておけば、バター代の節約になることはもちろん、バターの出し入れもしやすくなるかもしれない。それに、ワンカットのバターをさらに半分にして保存するのにも楽になって、きっと役に立つであろうと。

ところが、いざ使ってみたら、私にはイマイチでした。

なぜなら、、、

バターカッターをおすすめしない理由とは

バターカッターを使ってバターをカットするには、あらかじめバターを室温程度にする必要があります。

バターがキンキンに冷えている状態でカットすると、バターカッターが壊れてしまうようで、使用する際にはバターを柔らかくしてから使うのがコツなんですね。

何も難しいことはないんですが、この「柔らかくすること」が私にとっては厄介なんです。

どういう事かというと、ある日、バターカッターを使おうと、バターをキッチンに置いておいたんですね。でも、なかなか柔らかくなりそうもなかったんで、しばらく放置しました。ところが、もうそろそろ柔らかいだろうとバターを見てみたら、今度は柔らかくし過ぎてしまいました。

こんな状態で使ったら、バターの形が綺麗にカットされないなと思い、再び冷蔵庫へ戻して冷やしました。今度は慎重にバターの様子をみて、程よい柔らかさになった時に初めてカットしたところ、ようやく綺麗にカットできました。

なんとか無事にカットできたものの、今度は保存容器が気になりました。付属の透明ケースに入れて保存してみたのですが、そのフタが思っていたよりもユルユルで、これではバターの品質が落ちそうだなと不安になりました。そこで念のため、バターをラップに包んでから保存しました。

最終的には無事にバターをカットでき、冷蔵庫に入れることはできましたが、ここでまたもや不満が…。

「ケースが大きい!!」

意外とケースが大きくて、冷蔵庫のスペースがバターで奪われてしまいました。

そして、これが最後の不満なんですが、いざこのカットされたバターを使ってみたところ、バター同士がくっついていて取りづらい。買う前のイメージは、サッと取れるイメージだったんですが、そうはいきませんでした。

思い出してみれば、市販のカット済みバターって、バターとバターの間に空間があって、取りやすいようになっていますが、バターカッターでカットした場合はそれはつくれません。何かひと工夫が必要になります。

スポンサーリンク

私にはバターナイフが便利だった

私にとってバターカッターは残念な結果となりましたが、私は自分に合う他の道具をあらためて探しました。

すると、バターナイフと言うものを発見しました。

安い道具なのであまり期待はせずに購入したのですが、使ってみたところ、あまりにも便利なので、今では私の愛用品の一つとなりました。

何がいいかというと、

・冷たいバターでもサクッと切れる

・キレイに切れる

・必要な量をカットしやすい

・サクッと切れるので、アルミの包みを開いてカットしたら、アルミを閉じてそのまま保存できる

これなら、あらかじめわざわざカットしておかなくても、その都度カンタンにカットできるのでとっても便利!!

その上、バターが空気に触れてしまう部分が少なくなるので鮮度が落ちにくい!!

バターカッター自体は小さいので、お箸やスプーンなんかと同じ場所に保管できる点でも二重丸です。

バターカッターは、パン作りなどで頻繁にバターを使う方にはおススメできますが、私のようなライトユーザーやめんどくさがりの方にはバターナイフをおすすめします。

さいごに

バターをカットするのにお金をかけないんだったら包丁で切るのが一番かと思います。

ただ、包丁だとバターが包丁にくっつきやすいですし、包丁が脂で汚れて、それを洗うのが私は嫌なんです。

それに包丁だと、少量のカットがやりづらいですし、バターが包んであるアルミの上で切ると、アルミが切れてしまいますしね。

この記事が、私のようなめんどくさがりの方などのお役に立てたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク