不登校の子どもを待つのはいつからいつまで?待つとはどういう事なのか?

スポンサーリンク

うちの息子は小1の2学期から不登校になりました。1学期中はとにかく「学校へ行かせないと」という思いが強すぎて、私は強引に息子を登校させていました。

だから私はその疲れを癒してもらおうと、子どもの希望もあり、夏休み中は学童でお友達と遊んで元気になれればいいなと学童へ入れてみたものの、今度はこちらも拒否し始め、結局この学童はやめてしまいました。

そのため、夏休みは私との時間ばかりで私も疲れ切ってしまい、あまりいい思い出は作ってあげられず、息子も学校へ行くエネルギーを十分に蓄えることができないまま2学期を迎えてしまい、不登校となっていきました。

今回は、今だから分かる「登校渋りや不登校の子どもを待つとは」どういうことだったのかを、私の失敗談から考えたいと思います。

スポンサーリンク

不登校の子どもを待つのはいつまで?方法は?

待つことを決断

2学期になっても、息子の登校渋りは相変わらずの状態でした。そこで数日は付き添い登校をしてみたのですが、結局私が付き添っても息子は学校が嫌だと拒否したので、付き添い登校という選択肢は無くなってしまいました。

息子の精神状態は1学期よりも悪く、学校へ行かせると更に悪化しているように感じて、とても登校を促せる状態ではなくなっていました。だから、私は学校にしばらくお休みすることを伝えて、子どもが元気になることを待つことにしました。

しかし、お休みするのはいいものの、家ではどうしたらいいのかよく分からず、なるべく学校の日程表にあわせた勉強をさせるようにしていました。

本屋さんで問題集を買って、国語の時間は漢字の問題や読み取り問題などを、算数の時間は計算問題などをやらせていました。

最初の頃は真面目に取り組んでいたのですが、だんだんと取り掛かりが遅くなったり、何かと理由を付けてはやらなくなってしまいました。

スポンサーリンク

待ち方の失敗

不登校を認め始めた時は勉強のことが不安になってしまったので、勉強をさせることに力を入れ過ぎてしまいました。ネットの情報でも、学校には行かないけど自宅で勉強している子が多くいるように感じたので、学校へ戻った時にもその方が負担が少ないだろうと、勉強をさせてしまいました。

ゲームなどをして遊んでいることもあったのですが、楽しそうに遊んでいる様子を見ると、学校をただサボってるように感じてしまい、私はイライラがたまっていきました。だからつい、勉強もしないでゲームをしていると怒りを爆発させてしまっていたのですが、今はこれって間違いだったなと反省しています。

不登校の子どもを待つとは

今だから分かるのですが、不登校の子を待つとはなんでもかんでも子ども任せで待つことでも、不登校に無関心になることでもありません。

子どもを待つとは、子どもの心が自尊心で満たされて子どもが自分のタイミングで登校できるよう、その手助けをしながら「待つ」という努力をすることが、親にとっての「本当の意味の待つ」なんです。「何もしない」ことが待つではないんですね。

「何もしない」のではなく、勉強をさせるのなら本人の為になるからいいのではないかと思ってしまうのですが、もし本人が嫌がっている場合は逆効果です。やりたくない事に対して無理に取り組むことは自己否定につながる可能性が出てきてしまうんです。

それなのに当時の私はそのことに気づけなくて、学校を休んでいれば自然に元気になるだろうと休ませるようにはしたものの、今度は勉強のストレスを与えてしまいました。

もちろん、勉強をさせることは必要です。しかし、「勉強!勉強!」と勉強をすることを強制してしまうと、子どもは学校へ行けないことの辛さに今度は、勉強にも取り組めない自分が加わることで、自分自身をダメな人間と思うようになってしまうのです。

うちの子はやがて、「僕はダメな子なんだ、生まれてこない方がよかったんだ」と、度々口にするようになってしまいました。

ほめる、認めることが大切

このままではいけないと、私は遊び中心の生活に切り替えました。スクールカウンセラーさんにも、カウンセリングのときに遊んで頂いたことで、子どもは少しづつ元気を取り戻していきました。

実は、こんなことになる前に私は、スクールカウンセラーさんに子どもが勉強もせずゲームしたり、遊んでばかりいるのが頭にくるし、こんなことさせてていいのかと相談したことがありました。

するとカウンセラーさんは、子どもは遊びながら様々なことを学ぶんだからそれでいいんだと言われていたんですけど、完全にはその意見を取り入れることはできていなかったんですね。

だから、今度はもう間違えたくないと、息子と一緒にゲームをしたり、料理をしたり、テレビを見たりとしました。また、息子と一緒に赤ちゃんから幼児のときのアルバムを見て、この時はああだった、こうだったと、昔も今も息子がかわいい存在なんだと伝えました。

また、息子の優しいところや気が利くところなどを積極的に褒めるようにしたり、昔の息子も、今の学校へ行けていない息子も、大切な存在なんだということ伝え続けました。

そして、こうした遊びなどを続けていたら、息子もいつしか「僕は生まれてきて良かったんだね」と自分を肯定できるようになっていったんです。

【関連記事】

子どもに対する愛って、あなたはどういった形が愛だと思いますか? 愛情表現は色々とあると思いますが、その愛って無償の愛ですか?そ...
不登校の子どもの対応ってとてもエネルギーがいります。 なぜなら、「子どものことだけを考えていればいい」という事であればいいので...

さいごに

家での過ごし方のコツはつかめたものの、やはり人間ですから気持ちがブレてしまったり、息子とケンカになってしまったこともありました。でも、そんな時には夫がフォローに入り、笑ったり泣いたりしながら数か月が過ぎた2年生の春、息子は学校へ戻ることができました。まだ登校は不安定なところがありますが、これも個性と捉えて私は今も息子を応援しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク