母親が重い。罪悪感を捨てて母親との距離感を見直したら楽になった私

スポンサーリンク

私が結婚する前、私と母の関係は、母とは価値観の違いはあるものの、それなりに仲の良い関係でした。

時々母の存在が嫌になることもありましたが、そんなのはどこの家でもあるものだろうと、あまり深く考えたことはありませんでした。

しかし、私たち親子の関係は結婚を機に、大きく変わっていきました。

なぜなら、結婚したあとも何かと干渉してくる母親が、心の底から重いと感じるようになっていったからです。

今回は、私が母親との距離を見直して、自分自身を開放していった様子をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

母親が重い理由

母の特徴

うちの母は思いやりが強く、おせっかいで、自分の事よりも他人の事に対して一生懸命になる人なんですね。

思いやりが強いのはいい事なのですが困ったことに、優先順位は他人が第一で家族の事が第二なんで、何かと相手の為にと、自己犠牲させられることが多かったです。

また、母は頑固でこだわりの強いタイプの人で、自分の価値観を家族にも他人にも押し付けるタイプの人でもあります。

だから、自分の思い通りにならなければ私に愚痴をこぼしたり、自分の思い通りにしようと周りを説得したり、巻き込んだりと、私の母は常に何かに突き動かされているような、落ち着きのない母なんです。

スポンサーリンク

父と母

うちの父と母は、私が小さい時からとても仲が悪く、毎日のようにケンカばかりしていました。

当時、小さかった私には、どちらかというと父の方が悪いように思えていたので、私は幼いながらも母を守ってあげなきゃとよく思っていました。

そして、せめて、私のことで母が悲しい思いをすることがないようにと、また、迷惑をかけないようにと、私は良い子でいるように心がけ、お手伝いもよくしていました。

結婚

私は結婚には程遠い生活をしていたのですが、数年前に縁あって、今の主人と結婚しました。

当初、入籍も挙式も日程はゆっくり決めるつもりだったのですが、うちの母が、こういうことは早く済ませて欲しいと私たちをせかし、主人の親も巻き込み、不本意な入籍と挙式になってしまいました。

本当は、「私たちのことなんだから私たちのやり方でやらせて」と言いたかったんですが、私は小さいころからの癖で、何かと決断の時には「この人には何を言っても通用しない」と洗脳のような思考が働いてしまい、ついつい母の納得するような決断をしてしまうんです

私はこの結婚を機に初めて実家を離れたのですが、今思えば、この実家との距離のおかげで徐々に自分が解放され始めたように思います。

結婚後

結婚後、母は何かと電話をしてくるようになりました。

私は母にとって一番信頼できる話し相手なので、相変わらずの愚痴を聞かされたり、嫁としての務めをしっかりとできているかの確認や指摘をされました。

私と姑との関係は良好なのにも関わらず、母は「ああしなさい、こうしなさい」と言ってくるんですが、ほとんどの内容が私にとっては大きなお世話な話で、電話のあとはいつも心がモヤモヤしていました。

母はいつも、私が「嫁としての振る舞いがきちんと出来ていない」と一方的に決めつけて電話をしてくるので、さすがの私も、「もう母の電話には出たくない」となりました。

だからその後はしさを理由にして、少しづつ電話は無視するようになっていきました。

出産後

子どもは2人産もうと、当初の私は思っていたのですが、あまりの難産に出産が怖くなったことと、体が弱いことを理由に2人目は諦めることにしました。

すると母は、会うたびには何かと「2人目は作ったほうがいい」と言うようになってきました。

夫婦で話し合って決めたことだと理由を説明しても、なかなか納得しませんでした。

そんなある日、母の納得がいかない理由の一つが判明しました。

それは、「主人のお義父さんお義母さんに申し訳ないという思い」だったのです。ある日母が、「お義父さんとお義母さんに、2人目の件のこと、謝っておいたからね」と言ったんです。

「はっ??」

私は言葉を失いました。

別に、お義父さんお義母さんからは「二人目を作って欲しい」などとは言われてなかったし、そもそも母が義両親に謝ることではないですよね。

私は子どもを産む機械ではないと、とても傷つきました。

記憶がよみがえる

私はその一件後、小さかった時の記憶が時々思い出されるようになりました。

すると、怒りや憎しみの心がふっと沸いて出てくるようになったんですが、こんなことを思ってしまう自分はなんてひどい娘だと、沸いてくる罪悪感に対して蓋をしていました。

でも、次第に蓋をしきれなくなってネガティブな気持ちがあふれ出てくるばかりになり、そんな心の声に蓋をしたり外したりを繰り返していました。

そして、気が付いた時にはもう自分は母親の事を恨んでいるんだということを認めていました。

母を恨んでいることを認めたら心が楽になった面もあるのですが、ネガティブな気持ちに覆われ続けててしまうのはとても苦しいものです。

母を責めたり恨んだところで何もかわりません。

だから私は次第に怒りを母に対して向けることはやめるようにしました。

もし小さな時の記憶が蘇ってしまったときは、子どもだったときの自分の気持ちに共感してあげるよう努力しました。

あのときの私は「悲しかったんだなぁ」「傷ついていたんだなぁ」とか「認めて欲しかったんだなぁ」「甘えたかったんだなぁ」とか、そのときの自分の気持ちを想像して受け止めるようにしていきました。

すると、次第に気持ちが落ち着いていき、今までは母の気持ちばかりを優先していた自分を止められるようになって、今は自分の気持ちを主張できるようになりました。

今までは、何の連絡もせずに自宅を訪ねてくる母を受け入れていましたが、「勝手に来ないで欲しい」と、嫌だと思っていることは嫌だとハッキリ言えるようにまでなりました。

そんな態度は母に通じたようで訪問は激減していき、母の私に対する干渉は減っていきました。

スポンサーリンク

解放

私はあの一件を機に、今まで心に貯めていたネガティブな感情を外に出すことができました。

そして、それらを一つ一つ受け止めてあげることで、心がとても軽くなっていきました。

またそのおかげか、私自身も自分の息子に対して過干渉気味であることに気づくことができ、息子との関係も見直すことができました。

【関連記事】

私は心理学やペアレントトレーニングなどを勉強して気づいたことがあります。 それは、子どもを怒ってしまうのは、子どもの行動に対し...

おわりに

母の干渉は未だに続いているのですが、病気の一種と捉えて気にしないようにしています。

今はもう母親に対してハッキリ自分の意思を伝えられるようになったので、なんとかうまいこと親子関係は続けられています。

親との関係で悩んでいる方って、他にもたくさんいらっしゃると思います。

もし親に対するネガティブな感情が生まれてしまっても否定はせず、ありのままの思いを感じて認めるようにしてみてほしいです。

きっと、心が楽になっていきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク