子どもを怒り過ぎてしまう本当の原因は自分自身の○○にあるかも!?

スポンサーリンク

私は心理学やペアレントトレーニングなどを勉強して気づいたことがあります。

それは、子どもを怒ってしまうのは、子どもの行動に対してイライラしているだけではなく、自分自身の性格や夫婦関係、嫁姑関係などが関係しているということです。

イライラしている時って、「最近疲れてるからかな」とか「体調が悪いからかな」と気づけることもありますが、なかなか自分の気持ちに気づけないこともあります。

そんなイライラの解決には自分自身を知ることが大切だと感じたので、今回は育児のイライラ解消法をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

育児のイライラ解消法

イライラの裏側に気づく

母親には色々な顔がありますよね。例えば私の場合…

①夫に対する「という顔」

②子どもに対する「母親という顔」

③義両親に対する「という顔」

⓸実両親に対する「という顔」

⑤兄弟に対する「という顔」

⑥どれでもない「

主にこの6つがあります。

私は昔、子どもを怒ってばかりいました。今思い返してみるとその背景には大きな理由が2つあると思っています。

理由その1.「良いい母親でなければならない」という強い思いがあったから。

「母親」という自分には「世間や義両親などから育児の事で責められない自分でいたい」という気持ちが無意識に強くあったように思います。

理由その2.「こうあるべき」という思いが強かったから。

妻でも母親でもない「わたし」という自分が、自分の理想を子どもに押し付け気味だったようにも思います。子どものためにとやっていることの中には、ただの価値観の押し付けがあったのではないかと思っています。

スポンサーリンク

良い母親とは?

今思うと「良い母親」って何なんでしょうか?いつも笑顔で、美味しい料理を作って、人づきあいが上手で、部屋が綺麗で…などなど、何もかもできるお母さんが「良い母親」なのでしょうか?

これらは理想ではありますけど、なんでも完璧に出来る人なんていませんし、そもそも完璧を目指す必要もないんですよね。じゃあ、究極の良い母親って何だろうと考えた時に、私はある大切なことに気が付きました。

ありのままを受け止める

それは、子どもがどんな選択をしようと、やろうと、まずはありのままの子どもを受け入れて、見守る姿勢が大切なんじゃないかということです。「できない」ことばかりに目をむけて変えようとするのではなく、「できないこともある」ということを単純に受け止める姿勢が必要なんじゃないでしょうか。

ありのままを受け止めるということは、しつけはいらないという意味ではありません。しつけも常識を教えることも大切です。ただ気をつけたいのが、育児がうまくいかない時には、「本当にそのしつけが今のその子どもにとって必要か」「教え方はそれで本当に合っているのか」に気づかないといけないのかなと思ったんです。

「子どもをしつけたい」「変えたい」というその思いは、本当に心から子どもの為を思ってのことでしている事でしょうか?実はその裏では、「世間からの目」を気にする自分や、「自分自身のこうあるべき論」が悪さしているかもしれません。

例えば

子どもが食べるのが遅くて困っているとします。遅いとついイライラしてしまいますよね。早く食べる事って、給食の時間には限りがあるなど、場合によっては重要ですから。だから子どもがなかなか早く食べられるようにならないとイライラしちゃうんですよね。で、時には「なんで遅いの」「早く食べてよ」って物凄く怒ってしまいます。

で、こういう時の解決方法って大体、「早く食べないと○○させてあげない」とか、恐怖政治で強制的に子どもを変えようとしてしまいます。しかしこの方法、これでうまくいく子もいれば、うまくはいかない子もいます。より少食になったり、チックなどの身体症状がでてしまう子もいると思います。

ここで大切なのが、「人間は人間を変えることができない」という視点。一見、人間が人間を変えているようにみえたとしても、実はそれは、その人間が自ら変わっただけなんです。人間が変えられるのは、自分の感情や考え方だけ。

だからこういう時は、母親自身が感情をコントロールすることの方が上手くいくようなんです。上手くいかないのは、子どもを「こうあるべき」と支配しようとしてしまうからなんです。

【関連記事】チックとは?

子どもが首をふるそのくせ、実はそれってくせじゃなくて○○かも!?

こんな傾向はありませんか?

自分自身にこんな傾向があると、子育ては困難ばかりかもしれません。

・何ごとも「こうあるべき」と思いがち

・せっかちで無駄が嫌い

・短気で、ささいなことにイライラしてしまう

・人生に対する不安感が大きい

・学歴の劣等感

・夫婦間の溝

例えばこんなことありませんか?

・「宿題は帰宅後にやるべき」と勉強方法を押し付けていませんか?

その方法はその子どもに合っていますか?自分が子どもの時にそれで勉強ができるようになったとしても、その方法がその子に合っているとは限りません。

・「そんなものを買うのは無駄」と子どもが買うものを否定しすぎていませんか?

いい買い物ができるようになるには、失敗経験も必要です。一見お金の無駄のように思えても、その無駄が立派な学習になっていることもありますし、本当に無駄かどうかは母親が決めることではなく、子ども自身が決めることです。親子であっても、感性は個々人で異なります。

・「とにかくイライラしてしまう」

そのイライラは、本当に子どもの行動が間違っているからなのでしょうか?実はそのイライラは、「将来への不安」だとか「妻でも母でもない自分の時間がない」という不満、単なる夫婦喧嘩の八つ当たりだったりしないでしょうか?

育児が上手くいかないのはもしかすると、子どもに問題があるのではなく、親自身に問題があるかもしれません。

☆☆☆関連記事☆☆☆

それでも子どもに原因があるのではと思ったら…

ペアレントトレーニングに疲れたとなる前に…25%ルールとは?

さいごに

私は冒頭で母親にはいくつもの顔があるとお話ししましたが、あれって細かくするともっと出てくるんですよね。家の事はどうしても母親中心になりますから、人間関係は父親と比べると母親の方に多くあります(ママ友やら先生やらご近所付き合いやら…)。だから母でも妻でもない「わたし」の思いって二の次になってしまい、疲れちゃうときがあります。

最近なんだかイライラするなぁと思ったら、そんな時は「わたし」の気持ちに気づいてあげるといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク